学校の沿革

明治 6年10月 7日 川棚村下組郷に原田(はるだ)小学校を設立する
明治12年月日不詳   原田小学校を同村同郷字大久保に移転、新川(しんせん)小学校とする
明治15年 3月 7日 新川小学校を同村中組郷上倉旧庄屋跡に移転、長浜小学校とする
明治18年月日不詳   長浜小学校の名称を川棚小学校とする
明治20年 1月    川棚小学校の名称を川棚尋常小学校とする
明治26年 9月 6日 高等科を併設し、川棚尋常高等小学校とする
昭和16年 4月 1日 国民学校令に伴い、名称を川棚町川棚国民学校とする
昭和22年 2月    学制改革(6・3制)により名称を長崎県東彼杵郡川棚町立川棚小学校とする
昭和35年 2月24日 給食室竣工、学校給食開始
昭和38年 3月    校章制定
昭和45年10月25日 新校舎起工式
昭和47年 5月    校舎・体育館・給食センター落成式
昭和49年11月    普通教室3増築 昭和56年11月    プール建設
昭和60年 3月    普通教室3増築
平成 3年 7月    第2期大規模工事開始(校舎外装とアルミサッシ窓に取り替え 東側校舎)
平成 6年 3月    給食用コンテナプール新設
平成10年 2月    コンピューター室工事
平成14年 2月    不審者対策防護フェンス設置
平成17年12月    職員トイレ新設,保健室移転
平成21年 2月    耐震化工事終了,校舎大規模改修
平成21年11月    学力向上実践推進事業公開授業
平成22年11月    学力向上実践推進事業公開授業(本発表)
平成23年 2月    体育館耐震化工事
平成24年 9月    運動場改修工事
平成26年 1月    遊具取替工事
平成27年 9月    タブレット端末機導入
平成30年 8月 床張替工事
令和 元年 8月 空調取付工事
令和 2年 9月    児童用トイレ改修工事完了